ジスロマックで痒い症状があるクラミジアの治療方法

クラミジアという病気は、さまざまな理由から病原性の細菌の一種に感染してしまうことによって起こるものです。クラミジアにもその感染部位にによっていくつかの種類がありますが、一般によくみられるのは性器クラミジア感染症とよばれているもので、これは文字どおり、性行為をしたときに、パートナーから病原菌に感染してしまったことが原因となるものです。
実は感染してもまったく症状がでないか、気づかない程度という人も少なくはないのですが、いったん症状がでると、男性であれば排尿時の痛み、かゆみ、発熱、尿道からうみが落ちてくるといった、主に尿道に関して違和感があることが多いといえます。女性の場合のほうが重症化しやすく、おりものの増加や不正出血があったり、子宮頚管炎や卵管炎といった、痛みをともなう病気に発展してしまったりもします。
このクラミジアにかかってしまった場合ですが、抗生物質を服用することによって、体内に感染してしまった細菌の増殖を抑制するという方法に効果があり、たとえばジスロマックの錠剤などが処方されます。ジスロマックはマクロライド系抗生物質とよばれるものの一種で、クラミジアを含めて、かなり多様な菌種に効果があるものです。いったんこのジスロマックを服用すると、効果が1週間にわたって持続するのが特徴ですので、その間に有効成分が細菌のタンパク質の合成を阻害することで増殖を防ぎ、炎症などの不快な症状がしだいになくなります。
なお、このクラミジアは、感染した日からただちに発症するというのではなく、だいたい1週間から2週間程度たってから発症することが一般的ですので、検査をするには感染の危険性があった日から数日後が無難です。