ジスロマックの副作用で攻撃性が現れたら医師に相談

ジスロマックとは、抗生剤の代表的な1つで、風邪などに使うことが多いです。飲み方は1日1回で、3日間服用続けます。大人は錠剤を1回2錠服用します。小児用細粒もありますので、子どもに使うことも多いです。小児用顆粒は飲みやすいように、味がついています。
抗生剤と言えば、副作用に下痢、腹痛、蕁麻疹などがあります。服用を開始してしばらく経ってからそのような症状が発症したら間違いなく副作用と思ってください。そのときには医師や薬剤師に相談しましょう。副作用の発症確率は100人に1人いるかいないかです。稀なものを思ってください。中にはジスロマックの副作用でひどい下痢や蕁麻疹に襲われたという方もいます。そのような人はジスロマックに対してアレルギーを持っている可能性が高いので、禁忌になります。もし二回目に飲んでしまうと、アナフィラキシーを起こす可能性も高くなりますので、患者さん自信が他の医療機関で診てもらうとき、その旨を伝えるべきです。つまり副作用による攻撃性みたいなものをしっかり認識しておくことが大切です。
薬に副作用はつきものです。効き目にも個人差があるように、副作用に関しても個人差があります。つまり発症のあらわれ方が大きくでるのか、小さくでるのかによります。大きくでてしまうと、まさに攻撃性なのです。副作用があらわれてしまったら、体質の問題ですので、薬を変更するか、あるいは飲むを止めるかのどちらかになります。これを決めるのは医師です。
ジスロマックは抗生剤としてよく使われており、効きもいいです。もし飲んでみて体調変化が出たらまずは医療機関に相談しましょう。処方されたら医師の指示どおりにしっかり服用しましょう。