マイコプラズマの疑いでジスロマック処方と痰の異常

痰が絡む咳が長期間続く場合、マイコプラズマ肺炎の可能性があります。肺炎の10~20%はマイコプラズマ肺炎だと言われるほど多くの患者がいる病気で、痰の色が赤くなることが特徴です。
最初は空咳で発熱があるため風邪と診断されることも多いのですが、咳や痰発熱が長引いた結果マイコプラズマ肺炎だとわかった場合、ジスロマックを服用することで治癒するケースがほとんどで、外来診療を受けるだけで治癒してしまいます。マイコプラズマ肺炎は他の肺炎の時のように聴診器で肺の音を聞いてもわからないという特徴があります。また、体内に細菌やウイルスが入り込み免疫反応が出たときの白血球数の増加なども見られないため、血液検査でもわかりません。抗体検査を行わなければなりませんが、検査結果が出るまでに時間がかかってしまうケースもあります。
ジスロマックの特徴は、他の抗生物質に比べて服用回数が少なくて済むことです。一定期間抗生物質を飲み続けることにより、体内の薬の濃度を一定化し、最近を殺菌するために必要なのですが、飲み忘れてしまうことが多いのが現状です。そのため、1日1回の服用で済むため手軽で服用忘れが少ないことと、指定回数の服用で効果が1週間続くこと、マイコプラズマに効果的だということでジスロマックが処方されることが多いです。
しかし、近頃ではジスロマックが効かないマイコプラズマも出てきています。そのため、ジスロマックを服用し始めて3日経過しても熱が下がらないような場合には、ジスロマックに耐性のあるマイコプラズマ肺炎と判断され、別の抗生物質に切り替えられることもあります。効果のある抗生物質を服用すれば、3日程で症状が治まると言われています。